【FX EA】CashRush 詳細

MT4FX EA CashRush詳細

※下記内容は2016年12月現在の記事になります。
2016年4月末から稼働させているEAになります^^
※EAとはMT4(メタトレーダー4)で使用する自動売買プログラム(エキスパートアドバイザー)のことです。

このCashRushというEAは最後は必ず勝ちます
….というと聞こえは良いですが、勝ち続けるかわりに1度の負けで全ての資金を失う可能性のある非常に危険な無限ナンピンタイプのマーチンゲールロジックになっています。
CashRushの圧縮ファイルを解凍すると、3種類のEA(CashRush_high, mid, low)とマニュアルPDF、運用メモが同梱されています。
各EAにより、それぞれナンピンする幅や利確pipsが異なります。
1.CashRush_high・・・このシステムのキモだが、相当なポジポジタイプ。ロットに注意が必要。
2.CashRush_mid・・・利確pipsがhighより幅が広いので、highより長くポジションを保有する。
※highより長く含み損を持つ傾向にある
3.CashRush_low・・・利確pipsがmidより幅が広いので、midより長くポジションを保有する。
※high、midより長く含み損を持つ傾向にある。(このEAの使用は販売者さんは非推奨にされています。)

概要

CashRush
口座 XMmicro口座専用
通貨ペア USD/JPYmicro
トレードスタイル 無限ナンピン型マーチンゲール
マジックナンバーで同時稼動可能
使用時間足 1分足
レバレッジ 1:888
最大ポジション数 無限
その他 追加口座申請可能
※無料。ただし指定口座開設必須。
フリー口座Ver.あり
※高額。現在¥100,000で販売中。

リスク管理

CashRushは資金5万円での運用の場合、high:0.01Lotでの運用が推奨されています。
(販売者さんの「運用メモ」に改定がありました。)
CashRushでは運用者側でロットを自由に変更出来ますが、ナンピン数を確保するためにMT4で表示するチャート1つあたりのロットに制限があります。
※high:0.02以下、mid:0.1以下、low:0.2以下

例えば1つの口座の中でhigh:0.1Lot運用したい場合
1.ドル円チャートを5つ表示する。
2.それぞれのチャートでパラメータを表示して、high:0.02に変更する。
3.マジックナンバーをチャートごとに変更して他のチャートと重複しないようする。
これで0.02LotのCashRush_highが同時に5個動くことになり、実質0.1運用となります。

上記の方法でギャンブル設定に変更することも可能ですが、MT4のストラテジーテスターでフォワードテストを行うと、2015年の相場で300pips近くの逆行は何度もありましたし、2016年は同様のことが起こらないという保障はありません。
安易にロットを上げると口座破綻する可能性もありますので、ロット管理が重要なEAだと思います。
またこのEAは、ナンピンマーチンゲールを行いロスカットをしないタイプのロジックです。ナンピン可能な限度を超えて、証拠金が不足した場合はブローカーによってゼロカット処理がなされます。
※XMはゼロカットシステムを採用していますので、資金以上の損失が発生することはありませんが、十分な資金と安全なロットでコツコツと運用した方が良いと思います。

運が良ければこの先もずっと口座破綻せずに資金が増え続けるかもしれませんし、運が悪ければEAを稼働させた直後に口座破綻する可能性があるEAです。

まとめ

いつ口座破綻するかわからないと言われると、「使えない」と思われるかもしれませんが、推奨ロットを守って運用される方は相当な為替変動が起こらない限りは日々高回転で利益を積み上げて行くことが出来ると思います。
私は現在、リアル口座・推奨ロットで運用しています。
[ CashRush-myfxbookで公開中^^♪ ]

微益ではありますが、少ない利益でも現在の銀行の利息より圧倒的に良い利率での資金運用が出来ています^^
私のFX自動売買はこのEAでデビューしました。はじめは結構不安でしたが、やってみると「…え?こんなもんなん?^^;」と思うくらい少資金で運用できて、設定も簡単でした^^♪
ナンピンやマーチンゲールって世間では嫌われていますが、私はこのEA好きですね☆
「使えばわかる」そんな感じのEAです。

CashRushで長期運用しませんか?

華麗に一本勝ちを決める!
一本勝ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください